どのタイミングで言えばいいの?

それでは、生理休暇はどのタイミングでスタッフに申告すれば良いのでしょうか。これは、生理が始まってすぐに申告すれば問題ありません。労働基準法の第68条に「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女子が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と定められているのです。そのため、生理になったら無理をせずに生理休暇を貰うようにしましょう。

生理の軽い女性でしたら生理中でも海綿を入れて働くケースがあります。もちろん、体調面に問題が無ければデリヘルで働くことは十分に可能ですが、必ず生理中であることをお店に伝えてください。特に指入れOKのデリヘルですと、指入れをしたお客さんに海綿がバレてしまうのです。中には生理中の女性を嫌がるお客さんもいますので、お店側としてはお客さんに対して「この女性は生理中ですが大丈夫ですか?」と確認する必要があります。そのため、生理中であることを知らずにお客さんが生理中の女性を指名してしまうと、トラブルの原因となってしまうのです。

また、中には「生理中の女性は1,000円割引」、などのサービスを行うデリヘルもあります。たとえ相手が生理だったとしても、とにかく安くプレイがしたいと考え、生理中の女性を狙って指名するお客さんもいるのです。

ue reading »',

生理休暇の意味と生理時の注意点

多くのデリヘルでは、5日間の生理休暇が用意されています。ほとんどの女性は5日間休むことで生理が終わり、仕事を始めることが出来るのです。

それでは、なぜデリヘルは生理休暇を設けているのでしょうか。もちろん、女性の体調を考えてという部分もありますが、お客さんのためという部分もあります。デリヘルとは基本的に全裸でサービスを行いますので、生理の臭いがお客さんに不快感を与えてしまうのです。服を着ているのであれば臭いはそれほど気になりませんが、全裸になってしまうとどうしても臭いが気になってしまうでしょう。

さらに、生理の臭いについて注意しなければいけないポイントがあります。それは、出血が止まってからも臭いが残るということです。自分では臭いに気づかなかったとしても、お客さんに気づかれていることもあります。そのため、生理が終わった直後は女性器内専用のビデで洗浄をしましょう。薬局へ行けばこういった専用の使い捨てビデが売られています。この専用のビデで洗浄をすることで、経血やおりものの臭いを消すことが出来るのです。女性器が臭うことでお客さんが嫌がってしまい、二度と指名してもらえないこともあるので注意してください。

ue reading »',

できれば生理休暇はとろう

女性は必ず生理があるものですが、デリヘルは肉体を使うサービスであることから、出来れば生理中は休みたいもの。そのため、ほとんどのデリヘルでは生理休暇を設けています。生理中の女性は免疫力が低下しているため、無理をして働いてしまうと身体を壊すこともあるのです。そのため、生理になってしまったらすぐにスタッフに相談をしてください。

生理痛の重さは女性によって異なりますが、酷い女性ですと生理痛が原因で寝込んでしまうケースもあります。しかし、中には逆に生理痛がほとんど無い女性もいるのです。そういった女性ですと生理中でも稼ぎたいと考えることでしょう。

そういった場合でしたら海綿を利用することで出勤が可能となります。海綿とはスポンジのようなもので、これをハサミでカットして女性器の中に入れます。これによって海面が経血を吸収してくれるため、外に漏れる心配が無いのです。

ただ、やはり体のことを考えてもできれば生理中は極力働かないことをおすすめします。どのタイミングで生理がやって来るのかを確認し、生理休暇をとっても生活出来る蓄えを用意しておきましょう。生理が明けてからまたしっかりと稼げばいいと考え、ゆっくりと休むようにしてください。

ue reading »',